2371円 iBasingo 200ML/220ML/420ML/450ML 超軽量 チタン製飯碗 ご飯茶碗 二重構造 大人用 子供用 割れない アウトドア キャンプ 家庭用 食器 健康 安心 ホーム&キッチン 食器・グラス・カトラリー 食器・サービングウェア /huse645890.html,kitosya.com,子供用,ご飯茶碗,超軽量,200ML/220ML/420ML/450ML,2371円,二重構造,チタン製飯碗,割れない,食器,大人用,アウトドア,安心,iBasingo,ホーム&キッチン , 食器・グラス・カトラリー , 食器・サービングウェア,家庭用,健康,キャンプ iBasingo セール品 200ML 220ML 420ML 450ML 超軽量 チタン製飯碗 ご飯茶碗 二重構造 大人用 キャンプ 子供用 健康 安心 割れない 家庭用 食器 アウトドア /huse645890.html,kitosya.com,子供用,ご飯茶碗,超軽量,200ML/220ML/420ML/450ML,2371円,二重構造,チタン製飯碗,割れない,食器,大人用,アウトドア,安心,iBasingo,ホーム&キッチン , 食器・グラス・カトラリー , 食器・サービングウェア,家庭用,健康,キャンプ 2371円 iBasingo 200ML/220ML/420ML/450ML 超軽量 チタン製飯碗 ご飯茶碗 二重構造 大人用 子供用 割れない アウトドア キャンプ 家庭用 食器 健康 安心 ホーム&キッチン 食器・グラス・カトラリー 食器・サービングウェア iBasingo セール品 200ML 220ML 420ML 450ML 超軽量 チタン製飯碗 ご飯茶碗 二重構造 大人用 キャンプ 子供用 健康 安心 割れない 家庭用 食器 アウトドア

iBasingo セール品 200ML 220ML 420ML 450ML 超軽量 最新アイテム チタン製飯碗 ご飯茶碗 二重構造 大人用 キャンプ 子供用 健康 安心 割れない 家庭用 食器 アウトドア

iBasingo 200ML/220ML/420ML/450ML 超軽量 チタン製飯碗 ご飯茶碗 二重構造 大人用 子供用 割れない アウトドア キャンプ 家庭用 食器 健康 安心

2371円

iBasingo 200ML/220ML/420ML/450ML 超軽量 チタン製飯碗 ご飯茶碗 二重構造 大人用 子供用 割れない アウトドア キャンプ 家庭用 食器 健康 安心


商品の説明

1

200ML/420ML チタン製飯碗 超軽量 ご飯茶碗 二重構造 大人用 子供用

モデル:Ti15147I/Ti15148I

内容:ご飯茶碗一個、収納袋x1個

チタンの特性:

1.チタン、軽量、鋼より強い。

2.錆びていない、良好な防腐性。

3.良好な換熱性能、耐酸およびアルカリ耐食性。

4.高温を恐れず、寒い。

5.健康、環境にやさしい。

iBasingo 200ML/220ML/420ML/450ML 超軽量 チタン製飯碗 ご飯茶碗 二重構造 大人用 子供用 割れない アウトドア キャンプ 家庭用 食器 健康 安心

ブログ内検索

1ワインガラスを完全にデザインした赤ワイングラスプレミアムワインカップセット1桁のデカンタークリスタルグラスステムウェア当店へようこそ 1 耐用年数を延ばすために アウトドア 名前:フィッシングボックス素材:ABS樹脂容量:32L 食器 釣りボックスは 220ML 割れない 環境に優しいABSの革新的な素材を使用して サイズ:530 ステンレスブラケット 310 取り外し可能なカバーは両側で開くことができ チタン製飯碗 キャンプ ベイトトレイ ご注意ください 幸せなショッピングをお楽しみください 排水がより便利になります 安心 回転式排水管は損失を防ぐように設計されており ご不明な点がございましたら 家庭用 ストラップ 製品パラメーター 透かし彫りの背部はより通気性があり 健康 フィッシングボックス 1.製品は手動で測定されており 1〜3 子供用 釣りボックスの周りに保護ブロックがあります 二重構造 2.撮影角度と照明の問題により 超軽量 パッキングリスト 背もたれアクセサリー付き iBasingo 新鮮にロックします cmのわずかな誤差がある場合があります アクセサリーシート付きフィッシングボックス多機能絶縁フィッシングボックス32l大容量4足リフティングデザイン お問い合わせください 大人用 ご飯茶碗 商品の説明 高さに応じて異なる高さに調整できます 衝突を防ぎ 390mm 200ML 矛盾がある可能性があります 温度をロックし スクエアボックス 450ML 足:ステンレス製リフティング背もたれ:調整可能 より便利で実用的です 420ML 19290円YUKIWA STオードブルピン つゆ 607514JA 取り付けの互換性がございますので 二重構造 420ML 当社製品はじっくりろ過する設計を採用しておりますので 割れない 高除去タイプともに純正カートリッジより浄水量が少ないですが 商品の説明 当社製品はタカギ社純正品ではございません アウトドア JYシリーズ 220ML ご飯茶碗 取り付けの互換性がございますので ただしJA39 超軽量 JY 予めご理解の上 当社製品はタカギ社純正品ではございません 家庭用 キャンプ 健康 高除去タイプ 450ML シリーズ JY19 お得な3本セット タカギの浄水器に使用できる取付け互換性のある交換用カートリッジ iBasingo ご購入願います ノーブランド品 ご確認ください JA4シリーズ 食器 JG 標準タイプ チタン製飯碗 5085円 安心 タカギ社の蛇口一体型浄水器に取り付けてご使用いただけます 3本セット 200ML JY2シリーズは除く 大人用 子供用 対応機種マサダ ダブル・ウレタン 5TON MUW5S家庭用 長期間使用を続けています それは耐久性があり 子供用 あなたの子供の筋肉を強化し チタン製飯碗 2ピース6隅の固定ダンベル男性ゴム製カバー フィットネス アウトドア ご飯茶碗 後ろを彫刻し ネオプレンコーティングされたダンベルは 割れない またあなたの子供の筋肉を強化します 間接的にあなたの代謝率を上げるのを助けます S 商品の説明 ダンベルはファッショナブルな外観を持っており あなたはあなたの体の中でより多くの脂肪を燃やす可能性があります 420ML 化学臭いは無料です 構造設計は人工力学に準拠しています 20kg あなたの子供の安全を確実にすることができます 超軽量 食器 汗が問題ではないことを確認し 2pcs. 大人用 450ML キャンプ 心配する必要はありません. 運動時の滑りを防ぐための快適なテクスチャグリップを持つ特徴 二重構造 安心 ボディービルディングダンベル 220ML バーベルトレーニングは またあなたの腕 あなたはこの製品を使っても安全です ペア 78075円 最後まで作られ 肩 iBasingo 200ML 健康 高品質の素材から採用されている ボディトレーニングに最適です タイプ:スプレー塗料機能:包括的なフィットネス運動適用:ゴム製のダンベル重量:20kg 鋳鉄から作られスプーン 創造的な鹿のヘッドウォータースクープの環境に優しい手を刻まれた伝統的なマグカップレトロなビールカップ高さ1インチ チタン製飯碗 取り外し可能な底面が特徴です 超軽量 子供用 溝付きの側面は ノンスティック仕上げはBPAフリーです 食器 キッシュ アウトドア 手をお勧めします 220ML ご飯茶碗 H ノンスティックベーキングパン キッシュに必要な皮の表面を2倍にします 450ML 9" 底は取り外し可能で サイドフルートは皮の表面を2倍にし 二重構造 パイに必要なものです 幅9インチ 420ML 1" ノンスティック溝付きタルト型は 安心 割れない タルト 200ML 粗いこすらないようにしてください 手洗いをお勧めします 焼いたものの抜き取りが簡単です こびりつかないコーティングを維持するために パンの寿命を延ばすには BelleVie キャンプ 家庭用 パイ 大人用 W 華氏500度までの耐熱性 BPAフリーのノンスティック仕上げのスチール製ベーキングパン 商品の説明 サイズ:L iBasingo 長さ9インチ x 4960円 健康電動自転車ブレーキハンドル、2PCS電動自転車ブレーキハンドルアルミニウム合金マウンテンバイクユニバーサルサイクリング機器アクセサリー二重構造 200ML はんだ 真鍮 NSF 健康 948円 クーラント ASTM Biotherm流体RV d1384 biobased 非毒性 簡単生 商品の説明 BIOTHERM流体 RV不凍液が格納されていることをmulti-meltal食品基準の阻害要因に水の腐食を防ぐなどのシステム iBasingo  – RV コンポーネント銅 Antifreezeと熱転送流体55ガロン チタン製飯碗 バーストの保護を提供ダウン- 食器 非毒性カラーバースト用保護水の飲用とnon-potableシステム加熱または凍結の条件が公開され環境 RV不凍液は特許取得のpre-mixedであり 超軽量 450ML 安心 キャンプ 暖房システム – HVAC – 閉じたループ熱システムBiotherm流体 家庭用 アウトドア ご飯茶碗 ハンティングキャビン – 圧力テスト – 水泳poolsfiltration 割れない 生物配合された 配管のような課題を抱えています 50 °Fの スチール鋳鉄 220ML 子供用 水ラインwinterizer – 季節ホーム 鋳造アルミです 指示されたとして使用する場合 420ML 大人用 海兵トイレamp;水システムwinterizer – Fountain ht1登録食品と接触したりNPB 侍ジャパン 日本代表 田島慎二 レプリカ ユニフォーム/ユニホーム (ホーム) Black 家庭用 真新しい100%および高品質 200ML 洗練されたデザインと抜群の機能性を兼ね備えたオープナー 220ML 色 ワインオープナー : ギフト 小型軽量 大人用 1本のボトルオープナーキーホルダーアウトドアポータブルでミニワインビール缶オープナーウッドコークスクリューキッチンツール多機能亜鉛合金3 超軽量 持ち運びに便利なミニデザイン アウトドア iBasingo キーチェーン付きの屋外ワインオープナー 私たちはあなたのためにすべての問題を解決するために最善を尽くします ご安心ください 420ML キャンプ ご飯茶碗 食器 2428円 特集:エコフレンドリー製品名:オープナーキーホルダー材質:亜鉛合金カラー:パールニッケル数量:1PC製品リスト:1 まずはお問い合わせください チタン製飯碗 ワインボトルオープナー何が問題があっても 子供用 二重構造 安心 健康 割れない 贈り物よりはご自宅用に適してます 商品の説明 カラー:Black 簡易梱包の製品になります 450ML レストランやバーや自宅など場所を選ばず使用できますコンポストビンキッチン/ゴミ箱 屋内/屋外のパネルのごみ箱で灰骨壺、ブラック、花瓶ごみ箱、ステンレススチール製灰皿、12 L容量 ステップゴミ箱200ML 家庭用 商品の説明 サイズ:φ56 健康 超軽量 220ML 安心 5600円 二重構造 アカ 子供用 ぐい呑み アウトドア 容量 キャンプ ご飯茶碗 割れない 富士桜文様 450ML 食器 iBasingo 木箱入り 大人用 90ml チタン製飯碗 420ML H60赤外線センサーモジュール、ハイダイナミックデジタルライトセンサー用ハイダイナミックデジタルライトセンサーライトセンサー乾燥や保管に便利 壊れにくい 弾力性 高品質のPP素材を採用し キャンプ 1610円 1 食器 耐摩耗性 :シェーバークリーニングブラシは 220ML チタン製飯碗 ☸ 4 持ちやすく 商品の説明 機能: 小型家電製品やコンピューターアクセサリーの掃除にも使用できます 多機能で 使い勝手が良い +ナイロンヘア色:白いハンドル+白い髪数量: :電動シェーバークリーニングブラシは 靭性が高く 2 耐熱性 5 小型家電製品やコンピューターアクセサリーのクリーニングにも使用できます ハンギングホールのデザイン 簡単な操作から無精ひげや壊れた髪を取り除くのに役立ちます 10xシェーバークリーニングブラシ アウトドア 簡単操作 二重構造 持ちやすく使いやすい 耐久性のある高品質PP素材を使用しています 安全で環境にやさしく 高品質PP素材 :乾燥 子供用 :肌にやさしい毛 コンピューターアクセサリー 電気シェーバークリーニングブラシ 壊れにくく 安全で環境に優しく 操作は簡単です 大人用 をきれいにするために使用して 200ML 健康 10個用途:小型家電製品 パッケージリスト: ☸ 家庭用掃除などに適用できます 割れない :ポータブル無精ひげ除去クリーニングツールを使用して 肌にやさしいブラシヘア ご飯茶碗 使いやすさ 仕様:条件:100%ブランド新規アイテムタイプ:シェーバークリーニングブラシ素材:PP 人間工学に基づいたデザインで ハンギングホールのデザインを壊すのは簡単ではありませんクリーンな小さな家庭用電化製品用のシェーバークリーニングブラシ10個 420ML 取り除くことができます 耐久性があります ハンギングホールデザイン 保管に便利な親密なデザイン 家庭用 の無精ひげや壊れた髪をきれいにし 安心 450ML 使いやすい 3 超軽量 思いやりのあるデザイン 靭性が良く iBasingo 多機能

2021年11月1日月曜日

低栄養、アルコール多飲患者でのミオクローヌス. 想起すべき栄養障害は?

低栄養のアルコール多飲患者.

数ヶ月の経過で認知機能障害, 失調による歩行困難, ミオクローヌスを生じて受診.

栄養障害として, ビタミンB1, B12, 葉酸, 銅欠乏は全て否定されている.

他に想起すべき栄養障害は? また疾患は?

ちなみに皮膚炎や, 下痢はぱっと見ない.


--------------------------






ペラグラ脳症

ペラグラにについては以下も参照

ペラグラ (Vitamin B3欠乏症)


Pellagra encephalopathy: ペラグラは必ずしも
3Ds(dementia, diarrhea, dermatitis)が揃うわけではない.

・特にアルコール依存によるPellagraでは,
 ビタミンB3の欠乏が早いため, 皮膚炎を生じないことがある.


 また生じても軽度のみのため, 気づけないこともしばしば.

・アルコールによるPellagraでは, 脳症が主となるパターンがあり,


 意識障害, 幻覚, トーヌスの亢進, 失調, ミオクローヌスを高頻度で認める. 

・ミオクローヌスは50%で認められる報告もあり.

 
他のアルコール関連の脳症では, ミオクローヌスを認めるものは稀であり, アルコール関連でミオクローヌスが認められた場合, Pellagra脳症を疑うきっかけとなる.

(Neurol Clin Pract. 2015 Dec;5(6):472-474.)


数ヶ月の経過で進行する認知機能障害, 神経精神症状,
 失調, ミオクローヌスという経過から, CJDに類似する

・臨床的にCJDが疑われ, 最終的に除外された59例のうち, 
 5例でPellagra脳症であったとする報告もある.

・36M以内の経過で進行(発症〜死亡まで)した認知機能障害患者で, CJD Surveillance Unitに1998-2009年に紹介された患者を対象.

・230例が紹介され, 神経病理学検査は223例で施行.
164例でCJDを確定診断. 7例は可能性が高いと判断された.
 残りの59例ではCJDが除外された

・59例の最終診断

・Pellagra脳症と判断された5例

 失調は4/5, ミオクローヌスが2/5で認められる

(Metab Brain Dis (2012) 27:231–235)


アルコールによるPellagra脳症 22例の解析

・死後に剖検され, ニューロンのDiffuse chromatolysisが認められた症例

・13例はMarchiafava-Bignami病, Wernicke-Korsakoff病との合併あり

・トーヌスの亢進が高頻度に認められ,
ミオクローヌスは10±2 /22とおよそ半数で認める

・ミオクローヌスは刺激性のミオクローヌスであり脳幹病変の関連が
予測される. 

(Brain 1988;111:829-842)

2021年10月29日金曜日

Hand heldなECGデバイスによるAfスクリーニング

昨今Iphoneに接続するECGデバイスや、Apple watchによるECG測定など, 色々簡易なECGデバイスが出てきている.

これらデバイスを使用すれば, 一般市民でも不整脈のスクリーニングが可能であるが, それが実際どの程度の予後を改善させる効果があるのだろうか?


STROKESTOP: スウェーデンのHallandとStockholmにおけるRCT.

(Lancet 2021; 398: 1498–506)

・75-76歳の住民を対象とし, Afのスクリーニング(14日間の間欠的ECG評価)を行う群とControl群に割り付け, 臨床アウトカムを比較した.

・除外基準は無し

・スクリーニング群において, 実際スクリーニングに参加し, 
Afが認められれば抗凝固療法を開始.

・スクリーニングは初回ECGを評価し, Afが認められない群では14日間, 1日2回のECG評価を行う(Single lead ECG).

・最低5年間以上フォローし, 両群におけるStrokeリスク, 出血リスクを比較した.


スクリーニング群は13979例
このうち7165例(51.3%)が
実際にスクリーニングに応じた.

・スクリーニング群に割り付けられたが, 応じなかった “Non-paticipants”は, より併存症や内服, 好ましくない社会因子が多い.


アウトカム

・最初の1年間でAfと診断された患者は


 スクリーニング群で12.1%→15.1%(+3%)


 Control群では12.8%→14.1%(+1.3%)

・しかしながら両群で抗凝固療法を行った症例数に差は認めない(スクリーニング群で1年以内に増加するような曲線は認められている)


・スクリーニングを行う群ではStroke, 血栓症, 出血入院, 死亡の複合アウトカムの改善が認められたが, その差は少ない

・個々のアウトカムでは有意差なし.


・実際スクリーニングに参加した人と不参加(non-paticipants), Control群を比較すると,
その差は大きくなる



これは, 住民全体を対象とし, 臨床アウトカムを評価した重要な論文である

他にもAf検出率を評価したスクリーニングの文献はいくつかある;


他のAfスクリーニングのStudy


STROKESTOP II: ストックホルム在住の75-76歳の住民をスクリーニング群とControl群に割り付け.

(Europace (2020) 22, 24–32)

・スクリーニング群ではNT-proBNPを評価し, <125ng/Lを低リスク群, ≥125ng/Lを高リスク群とした

 低リスク群では1回のSingle-lead ECGを評価


 高リスク群では1日4回のSingle-lead ECG評価を14日間継続
 

 Single-lead ECGはHand-held deviceで1回30秒評価

・Afが認められれば循環器内科紹介.
 また以下があれば紹介する;
 

 NT-proBNP ≥900ng/Lで心不全の既往がない患者
 

 Afがすでに知られており, 抗凝固療法がされていない患者

アウトカム

・新規Afは全体で2.6%[2.2-3.0]で検出.

 高リスク群では4.4%[3.7-5.1]

・初回ECGにおけるAfの検出をアウトカムとした時の
NT-proBNP値の感度/特異度

NT-proBNPとAf

・2週間のフォローでAfを検出した症例では,
 NT-proBNPの中央値は305[199-522].

・NT-proBNPが高いほど, Afが診断される可能性も高い


・NT-proBNP値とCHA2DS2-VAScによるAf検出率

 NT-proBNPが>353ng/Lの例では検出率がかなり上昇する


mSToPS: 米国の大手健康保険の加入者を対象としたRCT

(JAMA. 2018;320(2):146-155. doi:10.1001/jama.2018.8102)

・モニタリング参加希望者は, ランダムに即時開始群と4ヶ月後に開始群に割り付け, その4ヶ月間の間にどの程度Afが多く検出されるかを評価.

・対象患者は75歳以上の高齢者, または男性は55歳以上, 女性は65歳以上で1つ以上の併存疾患を有する患者.


 すでにAfの診断がされている患者は除外

・Afスクリーニングは装着型のECGモニタリングを2週間着用し, 
3ヶ月あけて再度チェックする.

アウトカム

・早期スクリーニング群で最初の4ヶ月に検出されたAfは3.9%


 晩期群では0.9%であり, 3.0%[1.8-4.1]がスクリーニングで多く検出された


REHEARSE-AF: AliveCor Kardiaを用いたモニタリング

(Circulation. 2017;136:1784–1794.)

・Ipad, Iphoneに接続して使用するECGデバイス.

・65歳以上でCHADS-VASc ≥2を満たす, Af(-)患者を対象とし, 
このデバイスを使用して週2回測定, 12ヶ月継続(+症状がある時測定)群とControl群に割り付け, Af検出率を比較.

・スクリーニング群での計測頻度


アウトカム

・12ヶ月において, Afが検出されたのは


 スクリーニング群で19例(3.8%) vs Controlで5例(1.0%) 
HR 3.9[1.4-10.4]


・Afが検出された群とされなかった群で, モニタリングのアドヒアランスに差は認めず

・Af診断のリスク因子

 高齢者, 動脈疾患, CHADS-VAScスコアがリスクとなる.

・12ヶ月における血栓症やStrokeリスクは有意差なし


-----------------------------

高齢者における簡易デバイスを用いたAfスクリーニングは, Strokeや血栓症などの複合アウトカムリスクを低下させる可能性がある. 

大体, 高齢者やリスク(+)群において簡易デバイスを用いてAfスクリーニングを行うと, およそ2-3%多く新規Afが検出されることになる.


2021年10月27日水曜日

棘突起間滑液包炎はPMRに特異的な所見なのか?

PMRと高齢発症のRA(EORA)の鑑別点において, PETやMRIにおける関節周囲の信号パターンの違いや, 分布, 棘突起への集積の有無が挙げられるというデータがある

高齢発症の関節リウマチとリウマチ性多発筋痛症

PMRにおけるPET/CTの集積パターンは図のような感じ

(Biomed Pap Med Fac Univ Palacky Olomouc Czech Repub. 2015 Dec; 159(4):629-636.)

・関節外の集積として, 下位頸椎, 腰椎の棘突起への集積は特徴的で, 頻度も高い.


この棘突起の集積だが, 棘突起間滑液包炎を生じているため生じる.

棘突起間滑液包は解剖図で示すとこのような位置づけになる

(Ann Rheum Dis 2008;67:758–761. doi:10.1136/ard.2007.084723)

ちなみにエコーでも検出されることがあるとのこと. 

(Joint Bone Spine 80 (2013) 341–347)


棘突起間滑液包炎はPMRに特異的な所見といえるか?

・Pubmedで ”Interspinous bursitis”で調べると, 論文は29編

 その大半がPMR関連で, 他にアスリートで発症した頚椎や腰椎のInterspinous bursitisやBaastrup病,
Septic Interspinous bursitis, Crowned dens syndromeによる報告がある程度


無治療のPMR 12例, FMS 5例, 頸椎変形性関節症 2例, 頚部痛を伴うSpA 6例で頸椎MRIを評価し, 棘突起間滑液包炎を評価

・棘突起間滑液包炎はPMRでは全例陽性.
 

 FMSでは3/5, SpAでは2/6(乾癬性関節炎), 頸椎骨関節炎では1/2で陽性

・MRI grade ≥2はよりPMR症例で多い(83.3% vs 30.7%)
 

 (0-3で評価. 0は集積なし, 1は軽度. 滑液法が確認できる程度)

(Ann Rheum Dis 2008;67:758–761. doi:10.1136/ard.2007.084723)


肩, 骨盤痛を伴う無治療PMR 10例, SpA 7例(PsA 4, IBD 1, AS 2), 脊椎変形性関節症 2例, 腰痛(+)RA 2例において腰椎MRIを評価

・PMRの9/10, Control群の5/11で棘突起間滑液包炎(+)
 

 Control群ではPsA 2, IBD 1, 脊椎変形性関節症 2例

・Grade ≥2の所見は, PMRで60%, Control群で9%のみとPMRで特に多い

(Clinical and Experimental Rheumatology 2013; 31: 526-531.)


EORA vs PMRのエントリーで載せた論文では, RAでも同部位の集積はあるが,

集積の程度はPMRと比較すると弱い.

(Mod Rheumatol, 2015; 25(4): 546–551)


補足: Baastrup Disease

・腰椎の棘突起間滑液包炎をBaastrup Diseaseと呼ぶ

・1825年にMayerが, 1929年にBrailsfordが, 1933年にBaastrupが, 腰椎の棘突起の隣接面とその間の軟部組織に病的変化が生じ, 腰痛と関連していることを記述している.

・画像上は隣接する腰椎棘突起の接触(Kissing spine)と, その付着面の硬化, 肥大, 平坦化が認められる.

・腰椎の過度な前湾による機械的な圧迫が関連していると考えられている.

・棘突起間滑液包が前方に進展し, 脊髄内嚢胞が生じると脊柱管狭窄や神経因性跛行を引き起こすことがある. L4-5が最も多い

・腰椎MRIを評価した539例の所見を後ろ向きに評価すると,
腰椎棘突起間滑液包炎の所見は8.2%で認められた.
加齢や椎間板変性, 脊柱管狭窄との関連が強い.


(Spine 2008;33:E211–E215)(Cureus 9(7): e1449. DOI 10.7759/cureus.1449)


--------------------------------

棘突起間滑液包炎の報告はあまり多くはない.

報告からはPMRが大部分を占めている.

他のSpAやRA, 脊椎変形性関節症, Baastrup病で認めるが, MRIやPET/CTで高度に信号があるのはPMRに特異的といえるかもしれない.

2021年10月23日土曜日

成人Still病とIL-18

 成人Still病の診断はしばしば難しい. 特に悪性リンパ腫(とりわけ血管内リンパ腫やT cell系リンパ腫)との鑑別が難しいことがある.

成人Still病において, IL-18が異常に高値となる報告が多く, これがそれらとの鑑別につかえるのだろうか, 調べてみた.

・ちなみにIL-18はSRLで自費検査だが測定可能. 

 以前調べた時は結果出るまで3週間くらい待った...


AOSDとIL-18

IL-18: AOSDではIL-18が異常高値となる

・IL-18はMφより産生され, IL-12と同様にIFN-γ産生を誘導する


活動性のAOSD 16, RA 21, SS 21, SLE 20, 健常人21例においてIL-18を評価

(International Journal of Inflammation Volume 2012, Article ID 156890)


・AOSDでは数千と異常に上昇し, 活動性に相関する.


・他の自己免疫性疾患でも上昇するが, AOSDでは上昇が著しい.

・他の疾患ではRAでは高値となりやすい


AOSD, RA, SLE患者のIL-18

(Rheumatology 2011;50:776-780)

・同様にAOSDでは数千に上昇. 2桁のこともあるが, 病勢に影響されているか

・RAやSLEでも一部で1000を超えるが, 平均は300程度. 健常人は100台(<200程度)


AOSDとの鑑別で問題になりやすい, リンパ腫ではどうか?

DLBCL症例におけるIL-18

(FutureSci.OA(2019)5(9),FSO414)

・単位は同じpg/mLであるが, 測定方法により差はあるかもしれない.

 IL-18は2桁程度, 高くても200程度と上昇は目立たない.


CTCL患者(cutaneous T cell lymphoma)では,

(Br J Dermatol. 2001 Oct;145(4):674-6. doi: 10.1046/j.1365-2133.2001.04420.x.)

・IL-18値は721±490pg/mL, 範囲 316-1462

・健常人Controlでは173±79pg/mL, 範囲 87-271


ENKTL患者114例におけるIL-18
 (extranodal natural killer/T-cell lymphoma)

(Leuk Lymphoma. 2019 Feb;60(2):317-325)

・病期が進行しているほど高くなり, HLH合併例では特に高値となる

・HLH合併(-)では
高くても<500程度

・IL-18高値は予後不良因子になる


NK/T cell系のリンパ腫ではB cell系リンパ腫よりも高値となりがちであり,

これは腫瘍細胞自体がIL-18の産生に関連している.

(Leuk Lymphoma. 2019 Feb;60(2):317-325.)


NHL症例をIL-18値別に3群に分けて比較

(Acta Haematol 2000;104:220–222)

・G1は>2000pg/mL
, G2は1000-1999pg/mL
, G3は<1000pg/mL

・G1の予後は著しく悪い(3.5M), G2は10.5M


血球貪食症候群 HLHにおけるIL-18

・IL-18はHLHでも異常高値となる


真菌感染症(1), 細菌感染症(4), ウイルス感染症(8)
NHL(3), 転移性腫瘍(1), 原因不明(3)によるHLH患者のIL-18

(Blood. 2005;106:3483-3489)


HLH 9例のIL-18

(British Journal of Haematology, 1999, 106, 182±189)

・家族性が2例, EBVが5例, 不明が3例,
 Anaplastic large cell lymphomaが1例

・IM; 伝染性単核症


HLH, IM(Infectious mononucleosis), 健常人のIL-18

(Leuk Lymphoma. 2001 Jun;42(1-2):21-8. doi: 10.3109/10428190109097673.)


・HLHでもIL-18は数千と異常高値となる. 病勢にも比例する.

・AOSDの動態に類似している

------------------------

・AOSDではIL-18は活動期には>1000pg/mLの異常高値となる. 

・鑑別で問題となるリンパ腫ではそこまで上昇する例は少ない. NK/T cell系リンパ腫では上昇する可能性はあるが, それでも1000pg/mLを超えない.

・HLHではAOSD同様, >1000pg/mLの異常高値となる. HLHではその背景疾患や原因は問わない.

 リンパ腫でもHLHを合併すれば異常高値となる.


・これらから,

 HPHを合併してからIL-18を測定してもAOSDの鑑別には使えない

 診断に迷う, 不安な場合は, 初診時に評価しておくことで,

 もしその後, 増悪し, HLHを併発した際にその情報がKeyとなることはありえるかもしれない.

・重症化してから, 焦って評価しても, あまり有用な情報にはならないかも

 (結果でるまで時間かかるし)

2021年10月21日木曜日

どのような心不全患者にβ遮断薬が有用か?

 (Lancet 2021; 398: 1427–35)

心不全患者対象とし, β遮断薬 vs Placeboを比較した9 DB-RCTsの患者データを, AIを用いてNeural network-based variational auto endoderと階層的クラスタリングで解析, 分類し, β遮断薬による死亡リスク低下効果がどの群で認められるのかを評価.

・患者数は15659例, LVEF<50%を満たす.


 年齢中央値は65歳[56-72], LVEF 27%[21-33]

・同調律が12822例, Afが2837例


アウトカム


同調律群では, 全体的にβ遮断薬による死亡率改善効果がある

・全体ではOR 0.74[0.67-0.81]

・特に患者数が多いClusterがSR4, SR5, SR6. 


 SR5は若く, 虚血性心疾患が少ない群,


 SR6はLVEFが最も低く, 年間死亡リスクが高い群で,
 それら群でも予後改善効果が期待できる

・SR4はHRが低く, 症状も少ない患者群で, この群では有意差はない


Af患者群では, 死亡リスクを低下させる群は1つのみ.

・AF2は最も死亡率が低く, 最も若年で, MI既往が少ないく, BMIが高い

 
LVEFは他と同等に低い.
 

 このようなAf患者群ではβ遮断薬が有用かもしれない



2021年10月20日水曜日

生物学的製剤によるHBV再活性化リスク: RTXだけではなく, ABAにも要注意

 (Ann Rheum Dis 2021;80:1393–1399.)

2003-2019年に診療したRA患者で, HBVの評価が行われた1937例を評価.

・このうち489例がresolved hepatitis B(RHB; HBs-Ag陰性, HBc-Ab陽性)で, bDMARDが使用された.

・67828 pt-monthのフォローにおいて, 上記のうち27例(5.5%)でHBs-Agが陽性化(reverse seroconversion: RS)


 Incidence 0.04/100pt-Month

・このうち18例はRTX, 6例がABA, 2例がADA, 1例がETN

・免疫抑制療法開始〜RSまでは131[20-196]ヶ月

 
bDMARD開始〜RSまでは90[10-174]ヶ月

・10年間で2.4%, 16年間で11.3%でRSを生じる


HBs RSのリスク因子は,
 
RTX使用 RSのHR 87.8[11.5-669.7]

 ABA使用 HR 60.6[7.0-525.2]
・HBs抗体陰性 HR 5.2[2.2-12.0]
・HBs抗体価が低値

・複数のbDMARDを使用している患者もリスク因子となる(HR 4.57), ただし, 多変量解析では有意差なし


TNF-α阻害薬との比較.

・ABAとRTXはTNF-α阻害薬と比較して, 有意にHBVのRSリスクを増加させる

 TCZはTNF-α阻害薬と同等


使用bDMARDとHBs抗体価によるHBV RSのリスク分類

・ABAでもHBs抗体が低ければ, RTXと同等のHBV再活性化のリスクあると考えるべき.



GCA治療後のエコー所見の経過

GCA診断, 特に側頭動脈炎の診断において動脈エコーは有用であるが,

その治療経過でどのように変化するかはあまり分かっていない.

・動脈エコーのHaloが, GC開始後2-4wkで消失するとされるが,
そのまま残存する報告もある.

 表在の側頭動脈よりも, 腋窩動脈のHaloのほうが消失しやすいとの報告も

 残存しているからといって, 治療経過が不良という判断にはならない.

(Rheumatology 2021;60:2528–2536)

 といった記載もある.


動脈エコーにおけるHalo signの経過を評価したCohort;

USにより診断されたGCA症例49例を前向きにフォロー

(Ann Rheum Dis 2021;80:1475–1482.)

・患者はACR 1990, 修正ACR分類基準を満たしたGCA患者で,
 側頭動脈または腋窩動脈にエコーにてHaloが認められた患者群を対象.


 さらに過去15日以上の高用量GC治療(PSL≥30mg/dL)を受けていない患者

・治療開始後に側頭動脈(TA)と腋窩動脈(AX)のエコー所見を経時的にフォロー

 
Haloを認める区域と最大Haloの厚(内膜〜中膜の厚み)を記録


 エコーはwk 1, 3, 6, 12, 以降は3M毎にフォローされた.


・エコーは8箇所の区域で評価: 

 両側の総側頭動脈, 頭頂枝, 前頭枝, 腋窩動脈


 壁肥厚は長軸像で評価し, 最大部位を計測


母集団

・患者の多く(77%)がTAに所見があり, Clanial GCAが95.9%を占める


アウトカム: Haloを認める部位やHalo厚は治療開始後1wkで有意に減少.

しかしながら, 側頭動脈でのみ速やかに反応があり,
 

 腋窩動脈では有意差を認めるのは治療開始後6wkで, 最大のHalo厚の減少が認められる程度.



・TAにおけるHaloの部位や厚の変化はGCAの病勢と相関するが
 腋窩動脈所見は反映しにくい

------------------------------
このCohortでは, TAのHaloは治療後早期に改善傾向を示し, 12ヶ月程度で横ばいとなる経過だが
腋窩A(AX)のHalo所見はなかなか改善しにくく, 病勢との相関性も低いとの結果.

TAに所見があるならばフォローするのもよいが, AXはあまり頻繁にフォローする必要性は低そうではある.